CONCEPT
クロスハウス3つのこだわり

木材を余すことなく使い切る

コストへのこだわり

自社一貫システムのメリットは、中間マージンのカットや、品質への責任が持てることだけではありません。
丸太から伐採し、加工するため木材を余すことなく使い切り、無駄なコストをかけません。
だからこそ、私たちは本物の木の家を手の届く納得価格で提供できるのです。

柱や梁

柱や梁

木の芯を含んだ材料は、丈夫で強度があるため、柱や梁として使います。丈夫な反面、反り易い性質があるため、木の癖を見極めて、背中に切り込みを入れておきます。

壁の下地材やパネル材

壁の下地材やパネル材

主に壁内部の補強部材として使われる部分です。この中でも木目がきれいなものは、天井や壁に貼り付けて、パネル材(化粧材)として活用しています。

ドアやドア枠材

ドアやドア枠材

ドア以外にも下足箱等にも用います。木の中でも柾目と呼ばれる、反りやゆがみが出にくい部分も用いています。

床材

床材

色が均一できれいな部分を製材したものが床板になります。山型の木目が特徴で、木の中で板目と呼ばれる部分を用いています。

全て自社施工、全棟長期優良住宅仕様

長期優良住宅という言葉をご存知でしょうか?
簡単に言うと国が「この建物は長持ちするので、税金を安くしますよ」といった制度です。
しかし、認定をもらうために、様々な検査や書類制作等で追加料金が発生していました。

長期優良住宅のメリット

クロスハウスでは、自社一貫システムの過程で、徹底した検査・品質管理を実施。結果、追加料金が発生することなく、「すべての建物が長期優良住宅仕様」となっています。また、工事も「自社職人が直接工事」することで、品質管理だけでなく、コストを下げる事にも貢献しています。

建てる時の他社との金額比較

建てる時の他社との金額比較