BLOG
ブログ

★フローリングと無垢材の違い★

 

 

 

みなさんこんにちは。

だんだん暖かくなってきましたね(^^)

 

引っ越しや入学を機に、新居をお考えの方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

本日はお家づくりに役立てるように、床材について簡単にまとめてみます。

 

床と言えばフローリングが代表だとは思いますが、フローリングはざっくり2種類あります。

*単層フローリング←無垢材

*複層フローリング←賃貸などでよく見るフローリング

 

一般的なフローリングは複数の合板を接着剤で張り合わせ、その上にフィルムなどを貼ってコーティングしていので複層と呼ばれます。

 

無垢材は1枚の板からできているので単層になります。

無垢床材

接着剤などは使用していないので、体に優しいですね*

 

 

★複層フローリングの特徴

 

フリー素材

○表面が印刷のものが多く、カラーバリエーションがある

○水などが染み込みにくい

○値段の幅があり、廉価なものもある

○合板なので、反りなどが少ない

△素足で歩くとひやっとした感じがある

△傷が付いたら戻らない

△接着剤など人工のものを使っていることが多い

 

 

★単層フローリング(無垢材)の特徴

床材

 

○素足で歩くと暖かみがある

○自然素材の為、体に優しい

○小さな傷なら、削ったりスチームをあてて戻すことが出来る

○自然の木の調湿効果がある

△複層フローリングほど撥水はしない

△木の色がそのまま出る為、カラーバリエーションは少ない

 

みなさまはどちらに魅力を感じたでしょうか?

 

 

よくお客様にされる質問されるのですが

「無垢材は魅力的だけど、高いんじゃないの?」

 

一般的には無垢材は高価です(@_@)

弊社は、自社で木材加工をしているため、パイン(松)の床などは複合フローリングとあまり差額なくお客様に提供しています*

 

パインの床は、低価格~中価格フローリング相当

ヒノキの床は高価格のフローリング相当くらいになります。

 

ご予算の関係で、他社様でフローリングを検討されていた方も多くいらっしゃいます。

この機会に弊社の無垢材も視野に入れてみてはいかがでしょうか*

 

Yoshida